ツーショットダイヤルを使えばナンパが捗りました

効率的に近くに住む人と電話できるところが良かった

ナンパにも使えることが判明し上手くいけばリアルで会うことができると分かった効率的に近くに住む人と電話できるところが良かったエッチは好きだけれど夜の仕事はしていないような女性と出会える確率が高い

同じ地域の人と電話が繋がるようになっているようで、効率的に近くに住む人と電話で切るところが良かったです。
初回は3人と電話したのですが、そのうち1人はかなり近くに住んでいました。
近くて会いやすいこと、お互いの条件が合っていることを理由に、その女性とだけ会う約束を取りつけたのです。
約束したものの、本当に女性が現れるのだろうかという不安はありました。
実は美人局なのではないだろうかという心配もあったのですが、初めてツーショットダイヤルでナンパに成功した女性はちゃんと一般的な女性だったので良かったです。
ワリキリの出会いがなかなか見つからなかったからサービスを利用したそうで、トラブルに巻き込まれるようなことは一切なかったので安心しました。
あらかじめお金の支払いのことなども約束しておいたため、当日に手間が掛かることもなくスムーズでした。
ナンパだとホテルに行くことができても、後からホテル代だけではなくお金を払ってなどと言われることもありますが、ツーショットダイヤルだと事前に取り決めができて良かったです。

NEWSの加藤シゲアキさんが吉川英治文学新人賞に選ばれました。
「オルタネート」という小説には、マッチングアプリが出てきますが、はるか昔のマッチングといえば、テレクラやツーショットダイヤルなんてものがありました。
97年の東スポの紙面の下部には懐かしのツーショットダイヤルの広告が載ってます pic.twitter.com/3c7UVTisw6

— 東スポUMAデスク (@tospo_UMA) March 2, 2021